公園アンケートをもとに地区ごとに取材した公園をご紹介します。ご覧になりたい地区をクリックしてください。
※お子様と一緒に良く行く公園の情報をお待ちしています。
 現在紹介している公園 南部地区 みずき公園・みずき一丁目公園・みずき四丁目公園・山崎貝塚町公園・上鹿野公園・梅郷4号公園・神北公園・南大和田公園
野田市スポーツ公園・花井一丁目公園・桜台公園・中野馬込公園・花井第三公園
       
  中部地区 野田市総合公園・愛宕児童遊園・野田児童遊園・上花輪新町公園・けやき公園・さくら公園・たるたる公園
       
  北部地区 五木新町公園・春日町公園・川間駅南中央公園・尾崎南第二公園・日の出町南公園・七光台第四公園・日の出町北公園 
光葉町第一公園・光葉町第二公園・光葉町第三公園
       
  関宿地区 関宿にこにこ水辺公園・関宿総合公園・上羽貫公園・ふれあいわんぱく広場・向ノ内森林公園・中戸児童遊園・古布内公園
・下尻坪1公園
公園・児童遊園・緑地の管理について

問い合わせ窓口

・みどりと水のまちづくり課 7125−1111
(総合公園2箇所・岩名古墳公園1箇所を除く公園・児童遊園・緑地)
・社会体育課 7124−7930

(総合公園と関宿総合公園)


管理の内容

みどりと水のまちづくり課では、(一財)野田市開発協会に管理を委託しています。一般的には次のような管理を行っています。
(公園によっては若干回数が違います)
○遊具・施設の点検:月1回
○除草作業:年4〜5回
○清掃作業:週1回
○樹木の剪定(3年に1回):常緑樹(6〜8月)落葉樹(1〜3月)
○樹木の害虫駆除:適時
○砂場:砂の入れ替え、抗菌剤投入、清掃(適時)

○一部の都市公園・児童遊園については、地元自治会に除草や清掃をお願いしているところもあります
よくある質問

Q1)毛虫が発生してから害虫駆除をしていますが発生前に予防できませんか?

A1)毛虫が発生する前に予防する方法は、今のところありません。卵の状態ですと薬剤が効かないので、毛虫が発生しているのを発見したら、みどりと水のまちづくり課までご連絡ください。なお、害虫駆除を実施する際は、事前に入口付近に案内を掲示していますので、その時間帯ご来園はお避け下さい。

Q2)砂場に猫がフンをするため、衛生上不安です
A2)野田市では、砂場の砂に抗菌剤を混ぜて管理しています。この抗菌剤の有効期間は、2年間とされているため、3年目は、砂を入れ替えて衛生上の不安を解消するようにしています。但し、手洗い等はきちんと行ってください。

Q3)ゴミ箱がないためごみが散乱しています。
A3)家庭ごみを捨てたり不法投棄が発生する事例が多いため、現在は、ごみ箱を撤去しています。ごみの持ち帰りにご協力お願いします。
 ◎市内公園一覧(PDFでご覧になれます)

都市公園
 児童遊園  緑地
Copyright(c)kosodatesien sougou madoguti in noda city 2005. All Rights Reserved