マークは問合せ先です。
各機関の場所、電話番号等はこちらをご覧ください。
  保健センター 関宿保健センター市役所各課
千葉県野田健康福祉センター・
社会福祉協議会
子ども支援室
  妊娠・出産・子育てに関する制度、支援
妊娠したら・・・
母子健康手帳をもらいましょう支援・制度を活用し、新しい家族を迎える準備をしましょう。 
母子健康手帳の交付  詳しくは、こちら   妊婦健康診査妊婦健康診査費助成金
  
詳しくは、こちら
  出産育児一時金※国民健康保険に加入されている方  
妊娠の経過から出産、乳幼児の健診や予防接種などお子さんが小学校に入学するまでの母子の一貫した健康の記録をする大切なものです。
母子健康手帳と一緒に頂く別冊には受診票など支援に必要なものがあります。
  母子健康手帳の別冊の受診票に必要事項を記入し、千葉県内の医療機関及び県外の契約医療機関に直接申し込んでください。健診が受けられます。(14回) 
※妊婦健康診査を野田市と委託契約をしていない医療機関で受けた場合や里帰り等で妊婦健康診査受診票の使用ができず実費を支払った場合、野田市では妊婦健康診査費の助成をしています。
  被保険者が出産したとき(妊娠12週以上の死産・流産・人口中絶を含む)に40万4千円または42万円(産科医療保障制度に加入する医療機関等で分娩した場合)が支給されます。
※出産育児一時金には直接支払制度や受取代理制度・出産費資金貸付制度があります。
※被保険者が国保に加入して6か月未満の場合には、以前加入していた健康保険から支給される場合もありますので、以前加入していた健康保険にご相談ください。
 子ども支援室・関宿保健センター    保健センター   国保年金課
         
妊婦訪問   両親学級   母子等医療費助成金支給 詳しくは、こちら
妊婦さんには地区の保健推進員が訪問しています。
(希望制)
また、何らかの心配のある妊婦さんには保健師または助産師が訪問してくれますのでご相談ください。
  プレパパとプレママを対象に出産、育児などを学びます。    妊産婦の妊娠に係る疾患(医師が認定したものに限る。出産を起因とするもので出産後2か月以内の疾患を含む)に対する医療費の一部を助成します。
 保健センター    保健センター     保健センター
         
 赤ちゃんが産まれたら・・・
出生届を出しましょう 赤ちゃんとお母さんの健康を地域で見守る事業等があります。ご活用ください。
出生届   「出生連絡票」の提出と新生児訪問 
 詳しくは、こちら
  乳児訪問
生れた日から14日以内に市役所に提出してください。必要なものは《出生届書(医師か助産師の証明が必要)》《母子健康手帳》《届出人の本人確認書類(運転免許証等)及び印鑑》《国民健康保険証(加入者のみ)》です。関宿支所、各出張所でも受付しています。休日や祝日、業務時間以外の届出は、本庁舎北側通用口の守衛室のみで受付します。     出産した方は全員、出生連絡票を提出してください。
お生まれになった赤ちゃん皆様のお宅に、保健師・助産師が生後28日以内に訪問してくれます。心配なことや分からない事の相談を受けたり、体重をはかったりします。
  生後2〜3か月児のいる家庭に、地区の保健推進員が訪問しています。赤ちゃんとの生活で大変なこと、楽しいことなどなんでもお話ください。 
市民課    保健センター    保健センター
         
各種手当の申請をしましょう 野田市には、様々な子育て支援があります。出生届や転入届の提出だけでは受給できませんのでお子さんに該当する支援は忘れず申請しましょう。    
児童手当    子ども医療費助成       紙おむつ対策
0歳から中学校修了前までの子どもを養育する方に支給されます。
0歳から3歳未満まで15,000円、3歳から小学校修了までの第1子、第2子10,000円、第3子以降15,000円、中学生10,000円
所得制限額以上の世帯(特例給付)5,000円
  0歳〜中学校3年生までのお子さんの入院・通院にかかる医療費の一部を助成します。※受給券を提示することで一部負担金(通院1回300円、入院1日300円)を支払う以外は医療費の負担はありません。助成対象の医療費《健康保険適用分の医療費(医科・歯科・調剤等)》《入院中の食事療養費(標準負担額分)》《補装具(保険者が認定する補装具)》   指定ごみ袋の加算支給があります。3歳未満の乳幼児が対象です。出生届・転入届又は、申出により「指定ごみ袋引換券」を交付します。(各年齢の乳幼児1人につき1回20リットルの袋60枚分)

【里帰り出産の場合】
出産のため、市外から里帰りし、出生した子1人につき、20リットルの袋20枚分の引換券を交付します。(新生児1人1回限り)
◆申請窓口 保健センター、児童家庭課
◆母子健康手帳を持参してください。
 児童家庭課児童給付係     児童家庭課児童給付係    清掃計画課
       
小児慢性特定疾病医療支援
  未熟児養育医療   
慢性疾患で、治療が長期にわたり、保護者の医療費負担も高額となる特定の疾患にかかっている児童の医療費の一部を公費負担する制度です。
対象者:18歳未満の児童
    (継続認定者は、20歳の誕生日の前日まで)
対象疾患:14疾患群(722疾病)
  未熟児に対する医療給付です。出生体重2.000g以下又は身体発育が未熟なまま出生した乳児に対して、医師が入院養育が必要と認めた児が対象です。     
 千葉県野田健康福祉センター   児童家庭課児童給付係     
         
支援やサービスを利用しましょう 子育てにストレスを感じてしまったり、急な病気等の理由でお子さんを保育できない時、無理をせず支援やサービスを利用しましょう。      
育児支援家庭訪問事業   チャイルドシート貸出事業   NPO法人のサポート
産後の育児不安や育児ストレスを感じ育児などが困難な家庭に専門の訪問員を派遣しています   少子化対策の一環として、交通安全の普及啓発と健康で安な子育て支援の促進を図ることを目的として、チャイルドシートの貸出を行っています。   様々な育児・家事支援に対応し子育て中のご家庭をサポートします。


NPO法人ゆっくっく  NPO法人ゆう&みい
児童家庭課児童相談係    社会福祉協議会  
         

 
 Copyright(c)kosodatesien sougou jouhoukyoku in noda city 2005. All Rights Reserved